レーザー脱毛治療の大まかな流れとは

バナー
TOP > レーザー脱毛治療の大まかな流れとは

レーザー脱毛治療の大まかな流れとは

レーザー脱毛治療の施術の流れは、クリニックによっても多少の差はありますが、だいたい同じような流れです。シェービングは基本的に、患者さんが自宅で済ませてきます。クリニックによっては、スタッフがシェービングに対応して組めあす。

医療脱毛に関することは、情報が満載なこのサイトにおまかせください。

その時、有料か無料かは、クリニックによって異なります。
レーザー脱毛をすると気には、目もとを保護する必要があります。

アイマスクや、アイガードを着用します。
レーザーが黒い色に反応するため、目を安全に保護する必要があるのです。


つけまつげや、アイラッシュを装着している人は、若干目もとに違和感を感じますが、脱毛が終わるまでですから我慢です。

肌を熱から保護する目的で、照射まえにはジェルと肌に塗ります。



いきなり連射で照射していくことはなく、はじめにテスト照射を行い、照射レベルなども決めていきます。肌の状態もチェックしながら進めていきます。
脱毛の対象となる部位に、レーザー脱毛の照射を行っていきます。

脱毛にかかってくる時間は、脱毛するパーツや広さによっても異なります。



広い範囲を施術する場合は、その分時間も長くかかってきます。

ワキやビキニラインだけなど、狭いパーツだけなら、照射の時間も短くなります。

施術が終わったら、ジェルを吹きとていきます。
肌には火照りがあるため、保冷剤などで少しのあいだクーリングします。


クリニックによっては、炎症を抑えるためのローションを塗布したりもします。
これがレーザー脱毛の、一連の流れです。